<< たばこの大幅値上げについて | TOP | 「海猿」の舞台挨拶に行ってきました >>

レアアースの調達先

レアアースの調達先

尖閣諸島沖の漁船衝突事件で中国側が対抗策としてレアアース禁輸したことに対する危機感から政府は豊富な埋蔵量が見込まれるモンゴルから本格調達する方針を固めました。管首相は2日夕に来日したモンゴルのバトボルド首相を官邸に招き、そこには大手商社の幹部も同席したそうです。

今までレアアースの約9割が中国から輸入していましたが、数年後には中国への依存度を7割前後まで引き下げるようです。これはチャイナリスクを避ける意味で大変良いことだと思います。ただ7割よりももっと引き下げた(2〜3割程度まで)方がより安心ではないでしょうか。そうなるとまた中国と政治問題が起こった時にリスクを少なくすることができます。

やはり何事も特定の国(もの)に依存しない(偏らない)バランスが大事かなと思います。

モンゴルの首相、来日したのは政治交流目的でなく大相撲の元朝青龍の断髪式に出席するのが目的だったそうで、そこで管首相側が急きょ官邸に招くことになったみたいです。一国の首相がこうしたことで外国を訪問するのもとても良いことだと思います。文化的交流がより深まりますよね。

 

| レアアースの調達先 | 経済・流通 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary-787.jugem.jp/trackback/123
トラックバック